一戸建て住宅への憧れを抱いて

中古トラック買取

私は今、主人の会社の社宅に住んでいます。

入居したばかりの頃は、買い物も便利な場所にあり、家賃も安く、何一つ不満はありませんでした。周りも住宅ばかりで穏やかな地域です。

エレベーターはありませんが、新婚当初は23歳だったこともあり体力もあったので困ってもいませんでした。しかし、少しずつ事態は変わってきました。

まず、騒音問題。上の階に住んでいたご家庭が引っ越され、少し経ってから新しい家庭が入居しました。

その家族は、自分たちが最上階でどれくらい音が響くかわかっていないこと、また集合住宅に住み慣れていないことなどから、子供も大人も足音も声も、すべてが騒がしいのです。

掃除機の音もガタガタ響き、階段では子供たちが騒ぎ立てます。そんな毎日に私は参ってしまいました。

さらには、エレベーターがないことも急に負担になることになります。妊娠したのです。

妊婦の間は重たいお腹を抱えながら買い物の荷物を持って4階まで登らなければならないのです。

もっと辛いのは出産後でした。赤ちゃんを抱えながらの荷物運びはあまりに重く、それだけでなくベビーカーを自分の家まで運ぶのがもはや無理なので車の中に収める事になり、出し入れも一苦労です。

そんな毎日が積み重なり、集合住宅でしか暮らしたことのない私も、主人と子供との自分達だけのお城が欲しくなりました。

それまでは、別に社宅のままでもいいとも思っていましたが、このストレスを抱え続けるのが難しくなってきたのです。そこで、まだ子供が小さいので私は家に残り、主人が住宅展示場に足を運ぶ機会が増えました。

そうです。不動産の購入を検討しだしたのです。

そこでもらってきた資料を主人の説明を聞きながら見ることが、今では一番の楽しみかもしれません。

何階建てにしようか、子供部屋はいくつ必要か、お風呂はどれくらいの広さがいいか、そんなことに思いを馳せながら、夢は広がっていきます。

まだ年齢が若いこともあり、私の周りにはまだマイホームの夢を叶えている友達はいません。

それゆえに、具体的な声を聞くことはまだできていません。結婚も出産も第一号だった私。こうなったら自分たちが第一号になり、「マイホームってこんなに素晴らしい」という話をできるようにしたいところです。

建売新築住宅を見学の巻

最近、うちの近所に一軒の新築住宅が建ちました。
土地の造成が始まったころから、どんなお家が建つのかなぁと、気になっていたの。

日当たりも良さそうで、お庭もあって、とーってもいい感じ。

ひょんな話から、主人の同級生が務めている不動産屋さんが手掛けた新築建売住宅だということが判明。
ぜひぜひ見てみたい!と、図々しくもお願いしてみたら、内見させてもらえることに。
わーいわーい。

建売の新築住宅だと、土地を探したり間取りや内装を考えたりといった手間が掛からなくて、面倒くさいことが苦手な私にはピッタリだなぁ。

ただ、間取りや内装が多くの人に無難に受けるように選んであるから、変化の少ない普通の内装、間取りなのかな、という勝手な想像をしていたのだけれど、、

実際、中を見せてもらったら、想像と違って内装も間取りも、とっても細部までこだわってあって素敵なお家でした。

平屋造りで、今風のオシャレな外観。
駐車場も広くとってあって、お友達や家族が遊びに来ても大丈夫そう。

ウッドデッキもついていてお洗濯やひなたぼっこも楽しそう。
和室もあって畳の香りに癒される。
広いリビングに対面キッチン。
子供部屋らしきお部屋には、作り付けの机&本棚があって、なかなか素敵

オール電化なのもポイント高くって、住んだ時のイメージが湧いて、ワクワクしちゃった。
バスルームの壁もタイル調の可愛い絵が描かれていて、お風呂に入るのが楽しくなりそう。

一昔前の建売って、無難なデザインで万人受けしそうなお家が多かったイメージだけど、今の建売ってこんな風に、色々工夫してあって、おしゃれな感じに仕上がってるんだなぁって、感動しちゃった。

我が家が、お家を購入する日がいつになるのかは未だ未定だけど、素敵なお家に住める日が近いことを願って、頑張ろうと思った今日この頃。